一子と二子 双子出産と育児記録

2016年12月7日 双子姉妹「一子(いちこ)と二子(にこ)」が誕生。出産から育児について記録します。

妊娠4カ月(12w1d)で切迫早産予防の入院が決まった話 ~二卵性双子の貴重なエコー写真~

 こんにちは、ちこりです。2016年12月7日生まれの双子姉妹「一子と二子」の育児をしています。

 

 今回は、切迫早産予防の入院について振り返ります。切迫早産になったわけではありません。予防のための入院でした。また、その時に撮ってもらった二卵性双子の貴重なエコー写真を添付します!

f:id:chiitama:20170609011153p:plain

f:id:chiitama:20170609011303p:plain

f:id:chiitama:20170609011322p:plain

f:id:chiitama:20170609011330p:plain

  ■急遽、里帰り先の病院にて診察予約 

 妊婦健診をしていた横浜の産婦人科では、双子妊婦は全員シロッカー手術をする方針でした。する必要がないのなら手術はしたくないと思い、早速、里帰り先の岐阜の病院へ診察予約を入れました。(その病院は、経過観察をして手術するかどうかを判断する方針)シロッカー手術の相談をした翌日だったので、受付のお姉さんに「昨日、横浜から電話された方ですか??フットワーク軽いですねっ(驚)!」と、妊婦なのにフットワークの軽さにびっくりされました…。

 

【参照】※里帰り先の病院に行こうと決めた経緯について

シロッカー手術をキャンセルした話 - 一子と二子 双子出産と育児記録

 

■診察で分かったこと(お腹のエコーと内診)

・絨毛膜下血腫がある。

・頸管長さは長い(4cm以上)

・3D画像での二人の様子(12w1d)…(゜゜)

f:id:chiitama:20170609014155j:plain

 こんなにすごい画像が見られるとは思わず、感動しました。二卵性双子、それぞれの部屋の中でプカプカ浮いて動いてました。

 

この診察で、早産予防プロトコール(入院治療)を勧められることに…。

 

■なぜ、早産予防の入院をすることになったのか。

 入院を勧められる人は、下記の早産危険因子の内、2つ以上が認められた人

①頸管炎(白血球値が高い)

②早産既往

③繰り返す出血・腹痛・絨毛膜下血腫

④膣内培養の結果(膣内の細菌叢がよくない)

⑤双胎

 

 この病院は、ハイリスク妊婦が多いため、早産予防の入院をされている患者さんがたくさんいらっしゃるとのことでした。

 

 そして、私はというと、⑤双胎に加え、先ほどの診察で見えた③絨毛膜下血腫の2つが当てはまったため、その場で入院を勧められました。(後日、検査結果で①も当てはまることが分かりました。)

 

 

 一旦、家に帰り家族に相談し、やはり入院することに決めました。 先生曰く、これまでの経験上この早産予防入院はいい効果が出ているとのことでした。 

  

 入院生活は 、この診察の5日後に始まりました。この早産予防プロトコールでは、毎日の膣内洗浄や抗生物質投与(点滴や錠剤)で膣内環境を改善します。結果、①頸管炎の指標であった白血球値は下がり、③絨毛膜下血腫も異常なく、15日間のスタンダードコースで退院することになりました。

 初めての入院生活。ハリーポッターを読み始め、ハマりました。この早産予防入院で出会った妊婦友達(双子仲間も)は、出産前の管理入院でも再会し、その後も連絡を取り合ってます。入院中に帰りたいことも多々ありましたが、結果良いことばかりで入院して本当によかったです。

 

 

 6月7日、一子(長髪)と二子(短髪)は、6カ月になりました。

寝返りはゴロゴロ、もう少しで一人でお座りできそうです。

f:id:chiitama:20170609112029p:plain

ご覧いただきありがとうございました。

 

里帰りを終え、横浜の自宅へ戻ってきました。岐阜→横浜への移動手段について。

 

ご無沙汰しております。2016年12月7日生まれの双子姉妹「一子と二子」の育児をしているちこりです。

 

ついに、4月7日(生後4カ月0日)に横浜の自宅へ戻ってきました。戻ってきて一カ月が経ち、生活リズムも落ち着いてきた今日この頃です。

 

今回は、双子を連れて、岐阜→横浜への移動手段について振り返ります。

 f:id:chiitama:20170515110224p:plain

f:id:chiitama:20170515123222p:plain

f:id:chiitama:20170515110305p:plain

  

 移動中、最も心配していたのは、双子が泣き止まず周りに迷惑を掛けること。が、しかし・・双子たちはずっと静かに目を閉じたまま。そんな中、会話が弾んだ大人たちが「うるさい!」と注意されてしまいました。。平日の昼すぎ、お仕事中のサラリーマンの多い時間帯、反省しました。。こうして、双子の大移動は無事に?完了しました。

 

 移動手段について

 車と新幹線で悩んだ結果、新幹線にしました。主人の母と、私の母が付き添ってくれ、大人3人と一子と二子、合計5人での移動となりました。ちなみに抱っこ紐×1人用ベビーカーです。(二人乗りベビーカーは、後の4月末に手に入れました。)

では、車ではなく新幹線にした理由について。

 

移動に関して心配していたことは、3点。

①二人が泣き出して周りに迷惑を掛けないか。

②移動中の授乳・おむつ替えなどに困らないか。

③荷物が多くなり過ぎないか。

 

 私の周りの友人は、車派が多く、車を勧められることが多かったのです。新幹線にした決め手は『早さ』でした。やっぱり移動時間は辛いだろうと、移動はなるべく短時間で終わらせたい気持ちでした。生後3カ月が経ち外出も増えてきたころで、最低でも新幹線に乗っている1時間半くらいなら何とかなる自信も付いてきていました。また、新横浜から自宅へはタクシーにしたことで、少し気持ちが楽になりました。タクシーならチャイルドシートは要りません。

 

参考までに、検討中に挙がった「車と新幹線のメリット・デメリット」についてまとめます。 

 

【車のメリット】

・泣き出しても周りに迷惑が掛からない。

・サービスエリアが充実している(授乳やおむつ替えのできるベビーコーナーがある。)

・荷物をたくさん乗せられる。

 

【車のデメリット】

・時間が掛かる。(岐阜→横浜で6時間くらい)

・長距離運転の心配。

チャイルドシートが2台必須。(1台は持っていましたが、もう1台は借り物だったため準備が必要)

 

 

【新幹線のメリット】

・早い。(岐阜→横浜で3時間くらい)

・安心感がある。

 

【新幹線のデメリット】

・乗り換えなどの移動が大変。

・11号車にある多目的室(個室)は予約できないため、授乳やおむつ替えがすぐにできない心配がある。

・持って行ける荷物に限度がある。

 

 新幹線のデメリットに対しては、外出に慣れてきた自信と、付き添い人数でカバーした感じです。また、荷物に関しては、できるだけ事前に配送し、実家の岐阜を出る直前にもコンビニで段ボール 1箱分、ギリギリまで使っていた荷物を送りました。それでもマザーバックはパンパンでした。

 

  今回の新幹線移動で良かったことは「多目的室のある11号車の最後尾(1番)」を予約できたことです。予約の際には意識しませんでしたが、最後尾は座席の後ろにベビーカーを置いておくことができました。最後尾の座席を予約しなくても置いておくことはできますが、近くなので降車時にスムーズに荷物の出し入れをすることができました。私たちの他にも2台のベビーカーが置いてありました。やはり、11号車は子連れの方が多いのかもしれません。なお、多目的室は、12号車寄りにあるため、最後尾の1番は一番遠いです。

 

 結局、子供たちは静かに寝ていたため、多目的室は利用しませんでした。(※二子は時々、薄目を開けていましたが、知らない雰囲気が怖く、見たくないためか?寝たふりのようなのを続けてました。)一子が途中でぐずった際も、座席での授乳で落ち着かせました。もうこの頃は、授乳室以外での授乳も慣れたものです。

 

 移動手段は、移動する距離や人数によって何がベストか変わってくると思います。参考として、記録させていただきました。

 

 

 二子(にこ)の頭を触る一子(いちこ) 5カ月になりました。

f:id:chiitama:20170515122417j:plain

 

ご覧いただき、ありがとうございました。

 

 

双子育児で腰痛になりました。

 こんにちは、ちこりです。2016年12月7日生まれの双子姉妹「一子と二子」の育児をしています。

 

 一子と二子、3カ月の後半に差し掛かりましたが、相変わらず二人のリズムに振り回される日々。なかなか更新できずにおります。

 

 そんな中、ついに発症してしまいました…育児による腰痛。毎日の授乳、オムツ替え、お風呂、抱っこ…積もりに積もった負担がど~んと一気に押し寄せてきました。

 

腰痛中の育児

f:id:chiitama:20170329005105p:plain

 

f:id:chiitama:20170329005155p:plain

f:id:chiitama:20170329005115p:plainf:id:chiitama:20170329011330p:plain

 

 

 腰痛中の授乳は本当に大変でした…昼間は、母や妹におっぱいまで運んでもらえましたが、夜中の授乳は必死の思いでした。今回は、一刻も早く治したい思いで行った腰痛治療についてまとめます。

 

①痛んだ翌日から接骨院

 腰痛の発症した翌朝、授乳が終わった後、すぐに行きました。マッサージと電気で少し改善しました。まだ起き上がるのはとっても辛いです。その次の日も行き、起き上がるときの痛さがだいぶマシになりました。

 

②鍼マッサージ

 これは本当に効きました。痛んだ翌々日、午前中は接骨院、夕方は鍼&マッサージ。鍼は初体験でした。鍼を打つとドーンと鈍い痛みがありましたが、その後、嘘のように痛みが引いていきました。もう普通に歩けます。10日後の今日、再度やってもらいました。今回は鍼を打った時のドーンという鈍い痛みがなかなか引きません。この鈍い痛み「響き」というそうですが、数日続くとのこともあるとのことで様子をみてみます。

 

※やってダメだったこと

 ん?なんか腰おかしいな?ひねってるのかな?と思った時に、ストレッチ(アキレス腱を伸ばす体勢)をしてしまったこと。これは悪化の原因。過去にやったことがあるのについつい…。

 

 こんな調子で腰痛と戦いつつ、授乳に追われ、夕方のお風呂の時間になると、もうこんな時間か…と一日の速さを痛感する日々を送っております。ブログはマイペースに記録していくつもりです。また、下手な絵を慣れないペンタブで描いています。見苦しいかと思い恐縮ですが、上達を目指し、コツコツ続けてみようと思います。

 

ご覧いただきありがとうございました。

シロッカー手術をキャンセルした話

 こんにちは、ちこりです。2016年12月7日生まれの双子姉妹「一子と二子」の育児をしています。

 

■双子発覚後、即シロッカー手術の予約

 2016年6月2日 双子妊娠が発覚して即、シロッカー手術をすることが決まりました。手術日はその8日後の 6/10。

理由は「双子は早産の危険があるから」

週数の早いうちに子宮口を留めておこうとのことです。

 ※前回ブログ 

双子妊娠が発覚した時のこと【11w1d】 - 一子と二子 双子出産と育児記録

 

 ところが、そのシロッカー手術…手術2日前にキャンセルすることになります。

 

シロッカー手術とは…

お腹が大きくなると、子宮頸管長が徐々に短くなる。短くなると、最終的に子宮口が開いてしまい、突然破水して流産や早産の起こる危険がある。短くなる前にを子宮頸管を縫って留めてしまう手術。

頸管長が短くなる頸管無力症の予防策として手術が行われるようです。

同じ目的の手術で、手法が異なるマクドナルド手術もあります。

【 参照先】

頸管縫宿術とはどういう手術ですか?

 

 

■キャンセルに至った経緯 

 双子だから手術をしなければいけないと思い込んでいました。しかし、妊娠9カ月の親友チマキちゃんに話すと、手術のことをとても心配していました。なんと、チマキちゃんの妊婦検診で、お医者さんに私の状況を聞いてくれたのです。

 

その話によると

・最近では双子だという理由でシロッカー手術する病院は減ってきている。

・病院も手術するとお金が入るし…メリットがある。

 

「双子でも手術しない人もいるのか…」

そういえば会社の上司(上司本人が双子)に手術だから1週間休む話をすると、そんなこと聞いたことないなぁ…とか言われました。上司は男性だし知らないだろうと思ってました。(もちろんお休みは快く承諾いただきました)でも、自分の頸管長さも知りません。どうしよう…今から他の病院に行こうか…それとも、このまま手術を受けるのか。

 

  悩んだ挙句、里帰り先(岐阜)の病院に相談することにしました。実は、その時点でどこの病院で産むか決めていなかったため、慌てて探しました。双子出産の場合、NICU、GCUがある病院がいいと聞いていたので、すぐ絞られました。その中でも、私が乳児のころ診てもらったことのある病院にしました。

 

 手術3日前の6/7、仕事帰りの20時か21時ごろ、遅い時間だったのですが、とにかく時間がなかったので電話しました。すると当直の先生に繋がりました。

今通っている病院は双子は全員シロッカー手術をすること、手術は明後日だが、する必要があるのかどうか心配だということ、を伝えました。

 すると、「う~ん、うちの病院、双子ちゃんたくさんいるけど、手術するかどうかは半々くらいかなぁ。経過観察しないと手術すべきかどうかは判断できないですねぇ。そちらで手術してきてもらうことはいいんだけど。。する必要ないならしない方がいいですよねぇ…。私、朝までいるから、心配事あったらいつでも連絡くださいね。」という感じで、電話中悩み続ける私に対し、すごくすごく親身に相談に乗ってくださいました。そしてこの時、ここの病院で産みたいと強く感じました。

 

 家族にも相談し、 手術しなくて済むならその方がいいし、まずは自分の状態がどうなのか診てもらおうと一度岐阜に帰ることにしました。上司には事情を話し、手術のために予定していたお休みで、岐阜の病院で診てもらうと話しました。

 

 ちなみに、今の病院にシロッカー手術をキャンセルしたいと伝えたところ、すんなりOKされました。その際、里帰り先の病院がどこかということと、いつごろ転院するかを聞かれました。里帰り先は、NICU、GCUのある大きい病院で、25週くらいには転院するということが、すんなりOKだった理由のようでした。

 

 その後、結局私は頸管長さが十分長かったため、シロッカー手術をしませんでした。

今回の件で、病院選はとっても重要だと気付かされました。

チマキちゃんありがとう。

 

妊娠中は不安がつきもの、この記録が何方かの参考になれたら幸いです。

 

 

★タンデム授乳(同時授乳)の様子

この状態でよく朝ごはん食べています(笑)

相変わらず髪の違いが目立ちます…

左が一子、右が二子。

f:id:chiitama:20170312020252j:plain

双子妊娠が発覚した時のこと【11w1d】

 こんにちは、ちこりです。2016年12月7日生まれの双子姉妹「一子と二子」の育児をしています。

 

 

今回は、双子妊娠と分かった時のことを振り返ります。

 

f:id:chiitama:20170308214803p:plain

f:id:chiitama:20170308214834p:plain

f:id:chiitama:20170308214930p:plain

 

 双子妊娠と分かったのは、妊娠3カ月が終わるころ、11週1日(2016年6月2日)の診察です。比較的週数の進んだころに分かりました。前回の検診が、9週3日。本来ならば次の検診は、その1カ月後の13週3日ごろを予定していました。しかし、お腹の張りが気になっていたため、思い切って、予定より2週間以上も早く病院へ行くことにしました。

 

 

 診察室にて、年配の看護師さんが私の母子手帳を見るや否や、

「あなた前の検診から2週間もたたないうちに来るなんて、補助券無くなっちゃうわよ!!今回だけ?今後もそうなら自費負担で支払ってもらいますからね。」と怒りモード。「今回だけです、、。」とかなり弱気になってしまい、お腹が張って不安だったから来たとも言えず、そのまま内診台に乗りました。

 

 

 先生に赤ちゃんが問題なく動いていることを教えてもらい、ほっとしたのですが、その後の観察がなんだか長い。「ちょっとこれ、もう一人…見えるよねぇ」と先生と看護師さんとの小声のやり取り。え?まさか…双子?!とすでに驚きの涙目になる私。「双子ちゃんだー」と言う若い看護師さんの声。そして、先生から二卵性の双子であることを告げられました。まさか…自分の子が本当に双子だなんて…。その向こうで「院長先生呼んできて―!」と先生の声。呼ばれて来た院長先生は、あっさりと双子を確認し、出て行かれました。

 

 診察後、「早く検診きてよかったね―」と若い看護師さんから声を掛けてもらい、やっぱり来てよかったと少し気が楽になりました。

 

 

・・・すごい、私!!双子ちゃん!

 

 

 その後、院長先生からお話があるとのことで、別室へ。「双子出産は、早産の危険があるからねぇ。当院では、シロッカー手術をして子宮口を留めるんですよ。手術は、6月9日か10日、どちらがいいですか。」と、否応なしに話が進んでいき、そういうものかと6月10日、シロッカー手術の予約をしました。

 

 

 また、双子出産のリスクや、不妊治療で多胎妊娠が増えて産院が大変になった話、でもこの病院では双子は年間十数件あるから安心などのお話がありました。私も不妊治療だったため、なんとなく後ろめたさを感じながら、双子になったことへの不安と怖さが一気に押し寄せました。

 

 

 その日、手術に向けて事前の採血と心電図を取りました。その際、不安そうな私へ看護師さんから一言。

「子供一人でも大変、もう無理って思うママもいるし、何人いても子育て大好きっていうママもいるし、考え方は人それぞれ。大丈夫、子供が引っ張ってくれる。双子ちゃん、初めは大変だけど、ちょっと成長すると二人で遊んでくれるから楽になるそうよ。」

優しい言葉にちょっと元気づく。

 

 8日後に控えた「シロッカー手術」、やるものだと信じ込んでいたのですが、なんと手術2日前にキャンセルすることに…。

 

その件については、また後日、記録します。

ちなみに、後ろめたさや不安な気持ちは、家族や親友から祝福されて、その日のうちにとっても嬉しい気持ちに変わりました^^。

 

1人目↓

f:id:chiitama:20170308221646j:plain

 

 2人目↓

f:id:chiitama:20170308221428j:plain

 

長文となってしまいました。

ご覧いただきありがとうございました。

妊娠から里帰り出産までのスケジュール

 現在、実家の岐阜県で双子育児(もうすぐ3カ月)をしています。

妊娠前は横浜で仕事をしており、現在育休中です。残り約1カ月で主人のいる横浜へ戻る予定。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------- 

★双子が生まれるまでに起こった出来事(スケジュール)をざっくりと振り返ります。

 ※予定日:12/21

  出産日:12/7

 

【2016年】

5月  

・心拍確認(GW明け)

 

6月       

・横浜の産婦人科で双子発覚!

(シロッカー手術が必須と言われるが手術2日前にキャンセル※詳細は後日。)

・里帰り先の岐阜の病院にて切迫早産予防の入院(2週間、有給を使う)

・入院中風邪を引き、副鼻腔炎になる。

 

7月(7/15~9/14 傷病休暇)

副鼻腔炎を完治しないまま、横浜へ戻る。

・1週間ほど会社復帰するが、大事をみて産休まで2カ月間の傷病休暇をとる。

    

8月

副鼻腔炎で耳鼻科に通い、妊娠6カ月~抗生物質を開始。

抗生物質起因の出血性大腸炎に罹る。

(3日間ほぼ絶食状態、薬を使ったことに大後悔)

・お盆明けに実家の岐阜へ里帰り。

 

9月(9/15~産休)

・本来の産休に突入

 

10月

・順調な妊娠生活

 

11月 

・11/21~(35w5d)管理入院突入。

・37wで外出届を出し、映画を見に行くほどの健康妊婦。
 

12月

・12/7帝王切開  

一子:2510g  

二子:2149g(2300gまでNICU, GCU)

 

・12/14 一子と私は退院

・12/21 二子の退院

・12/21-23 一子と二子と私、育児練習入院

 

【2017年】

1~3月

・里帰り育児中、3月末に横浜へ帰る予定。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

シロッカー手術をキャンセルした件や入院中の生活、出産について…また、短期間ですが不妊治療したことなど、今後の記事にまとめていきます。

 

★現在の一子(右)と二子(左)

 髪の量が全然違います…(笑)

f:id:chiitama:20170302164526j:plain

 

ご覧いただきありがとうございました。

ブログ始めました。

 2016年12月7日 二卵性双子の女の子「一子と二子」が誕生しました。

双子妊娠から出産までの貴重な経験、初めての育児で学んだことなど、忘れたくないなと思ったことを少しずつ記録していきます。

 

マイペースですが、思う存分記録していこうと思っています。

 

よろしくお願いいたします。